heARTbeat psychoman 核心人型写術巡回展 「LOSTPARADISE」

05.21 - 05.29
13:00~22:00(会期中無休)
※19日より公開制作を行います。

■オープニングイベント
5月21日(土)
16:00~
1,000円+1drink order
密笑
end'snotnear
玄膳
脳水
黒山羊

■クロージングイベント
5月29日(日)
18:00~
2,000円+1drink付
長野光宏(映像)
松岡涼子(舞踏)
宋秀臣(音楽)

heARTbeat psychoman 核心人型写術巡回展 「LOSTPARADISE」

チラシ裏
人と人とが距離を取らされるようになった
分断され、
渦にのまれ
堕ちていく人
個人の意思がなくなっていく
自由度の低さが感じられる
大切なものがなくなっていく
もともとあった理想がなくなっていく

モチーフの人型
核心にせまっているように
正解はない
正解と意味は鑑賞者の中に在ればいい
チラシ裏
チラシ裏
チラシ裏

heARTbeat psychoman
1977年生まれ
北九州出身
住所不定ボーダレスホームレス
モノトーン、色彩、アクリル、写真等メディアにとらわれない活動を行う。

寝ずに3日間働いた日雇いバイトの帰りに、意識朦朧としたバスの中で坂本龍一の「HIBARI」を偶然聴いた時に突然実母の肖像を描くイメージが降りた。
その出来事をきっかけに実母の肖像を描くようになり、当時母の源氏名であった「JUNKO」の名をつけ、シリーズを展開していく。

「JUNKO」シリーズをより多くの人に見てもらいたいと思い、大名の路上で「勝手道端展覧会」と銘打ちA4サイズのコピー用紙に絵を描き、販売を始める 

熱中するあまり、電気、ガス、水道の止まった家で黙々と絵を描いている様を見た友人が呆れ、激怒し、精神病院に半ば強制的に3か月間の入院させられる。

退院後は様々な問題を抱えながらも、半年もの間、友人と共に野宿をしながら目的のない旅をはじめる。

各地を旅をしながら描いていた向日葵の絵は各所で評価をされ、旅先での人との出会いをきっかけに初の個展を大阪で開催し、改めて表現芸術家としての道を歩みだす。
チラシ裏
チラシ裏
チラシ裏


◇略歴
2021年10月  ホステルチラックス(大阪/個展) 
2021年10月  OCフォトスタジオ(岡山/個展)
2021年11月  20人からなるシャウト集団ヘラクレス加入

2021年11月~ gigi(福岡/ライブペインティング)
・ill light
・仏陀
・宋秀臣写真展 「L.I.A.R」クロージングLIVE ヘラクレスvsケルベロス
・意味不明
・緊急事態宣言

2022年2月 広島岡山東京ストリートゲリラライブツアー「存在」(原爆ドーム前、尾崎豊モニュメント前等)
2022年2月   gigi(福岡/個展)「生 キル展」


SPECIAL