詩を灯す Kosuke Urasaki Candle Night

2021/6/23 (水)
OPEN 18:30-
START 19:00-

art space tetraの
YouTubeチャンネルにて
LIVE配信
イベント特設サイト

詩を灯す Kosuke Urasaki  Candle Night

キャンドルをひとつご準備ください
ライブの時間に灯す 自分のためのキャンドルを 手元にご準備ください
(キャンドルホルダーも忘れずに)

詩をお寄せください
会場となる art space tetra にてライブのはじまりに朗読される詩を募集します
Kosuke Urataniの演奏を聴きながら「詩を灯す」貴方の一編をお寄せください
詳細を確認する
※当日朗読されなかった作品も配信アーカイブとあわせて公開する予定です

詩をおくる


イベントに参加する

2000年代の初めに始まった夏至・冬至の夜のキャンドルナイトは、一般にスローライフ・ムーブメントの一環として行われています。省エネ、サスティナブル、からのエシカル等々、ひとつの地球上で暮らす私たちにとって重要な価値観であることに疑いはありません。しかし、そういった大きな自然・環境・社会問題に対する活動・概念を思い描くとき、地に足をつけたひとつの命である「私」は急にその立ち位置を見失い、渦中のものとしての存在は疑わしく感じられ始めます。
一方「火」はしばしば命あるものが生きている状態を例えるものとして、あらゆるところに登場します。エネルギーを燃焼して燃える様が、生物が食べて生きることに似ている、とも、風が吹けば消え去る様子が、命尽きるときのはかなさに似ている、とも言われます。人が命の本質に思いを寄せる時、火はちょうどそれを映す鏡として立ち現れているかのようです。

Kosuke Urasakiの演奏は、温かな炎をわかちあう人々や、その夜を彷彿とさせます。一本のギターから生まれる音は、まるで詩を聴いているかのような柔らかさと切実さを紡ぎながら、静かにその場を揺らします。

ところで「詩」は「思いの進むまま、または思いの留まるまま、言葉にあらわす」というような意味の語源を持ちます。音が言葉を超えて誰かの思いに触れる時、それはみんな「詩」とよばれるのかもしれません。Kosuke Urasakiの演奏会を行うにあたり、広く一般から詩を募集し、当日、一編のみ、開会の詩として朗読を行います。

2021年6月23日(水) は、夏至の二日後、そして福岡県の緊急事態宣言が明ける予定日の二日後でもあります。世界中でキャンドルが灯ったであろう様子を想像しながら、自身のための燈を一つ灯し、Kosuke Urasakiの演奏の中で各々がそれぞれの詩を聴く、そんな会を作る試みを行います。


イベント特設サイト

2020.01.30-

fancy chang solo Exhibition - drop into the WHITE -

fancy chang 個展 - drop into the WHITE -

2020/1/30(thu) ~ 2/2(sun)
  1/30(thu)・31(fri) … 19:00~22:00
  2/1(sat)・2(sun)  … 14:00~22:00
Admission free

<Talk&Live Event>
‐ BAR VIVID : Extra edition‐
1/31(fri)・2/1(sat) 2Days
Open 19:00 / Start 19:30
Charge:1,000yen+1drink order


2020.07.18

3 personalities vol.1

3つの個性1
2020.05.21

御念仏LIVE 『笊を浸ける in 明行寺』
2016.07.02

LUCAS ABELA

LUCAS ABELA

w/ HURRICANE GRIND / KAPPA / shayne bowden / DJ SPEEDFARMER

date : July 2, 2016 (Sat)
time : open 7pm / start 7:30pm
ticket : 2000yen+1drink (500yen)

2016.01.03

New year's special!!

お正月だよ!倉地さんスペシャル

date : Jan 3, 2016
time : 15:00 start
ticket : drink order + Pass the hat style admission 

live...Kumio KURACHI
http://hirunohikari.com/kurachikumio.html

SPECIAL